新築費用はどれくらい?

新築住宅の費用はどれくらいなのでしょうか?一戸建てでは?登記は?オール電化にすると?

新築費用は大体どのくらい?

sponsored link

新築の一戸建て住宅を購入する場合にかかる費用はどれくらいなのでしょうか。大まかな費用でいうと、新築で一戸建てを購入する場合は、建物の面積で坪当たり30〜40万円くらいはかかるようですね。その他に登記や仲介手数料などの諸費用で建物総額の一割程度はかかるようですね。

では、最初にどれくらいの費用を準備すれば良いのでしょうか?

住宅ローンで新築を購入する場合、建物総額の10〜20%(頭金)と諸費用くらいは、現金で準備する必要があります。もちろん頭金を多く準備すればするほど、その後の住宅ローンの支払が楽になりますし、金利を含めた総支払額が安くなります。

また、ローンを組む場合、固定金利にするか変動金利にするかで、総支払額が変わってきます。どちらが良いかは、将来の景気動向に左右されるので、一慨には言えないですが、現在の金利が低ければ固定金利の方が良いと一般的には言われています。


新築一戸建ての登記費用はどれくらいなのでしょうか?

新築一戸建てを購入する場合に、登記を行う必要がでてきます。住宅ローンを組む場合は、必ず登記を行います。登記を行わなくても問題が発生しないのは、自分の土地に100%自己資金で家を建てた場合のみです。登記の費用は建物価格や土地の価格、その他代行費用は、業者によって変わってきます。かなり大雑把な数字ですと30〜40万円程度かかります。もちろん先程言った条件によってこれより安く済む場合もあれば、高くなる場合もあります。

新築費用、オール電化にするとどのくらい?

sponsored link

新築住宅でオール電化を導入する場合は、気密性と断熱性がポイントになるようです。オール電化住宅を新築したことがない工務店では、ノウハウ不足から、オール電化のメリットを生かし切れる住宅を新築できない場合があるようなので、まずは、工務店選びがポイントになるようですね。その他、オール電化の機器はすべてそろえると数十万円はかかりますが、ランニングコストを考えると長期的には、オール電化の方が安くすむようですね。